>

旅行先でパソコンを使う際のホテル選び

旅先でパソコンを使いたい時のホテルの選び方

セキュリティー対策は万全に

ホテルで共有の無線LANを使用の際の注意

不特定多数の人が利用する共有の回線はハッキングやウイルス感染のリスクが高くなります。
セキュリティー対策はしてあると記載されていたとしても、どの程度の対策しているかは不明なので安全だとは言い切れません。

共有回線の使用中には、ネットバンキングに接続したり、クレジットカードの情報を入力するような使い方は避けたいですし、IDや暗証番号を入力など他人に知られたくない情報の送受信は控えた方が無難です。

また、パソコンを部屋に置きっぱなしで観光に出かけて盗難にあったケースもあるので、パソコンそのものの管理も強化しましょう。
出かける際にはパソコンはセーフティボックスやホテルのフロントなどに預けておく方が安全です。

自分でできるセキュリティー対策

自分のパソコンを共有の回線下に持ち込む場合には事前に確認して、設定しておくべき内容があるので、ホテルでインターネットを安全に使用する為にもチェックしておきましょう。

まず、パソコンをのぞき見されない為にもセキュリティーソフトのインストールは必須で、最新のものにしておく必要があります。

次にファイヤウォールを、OSやセキュリティーソフトの設定で有効にして他人がパソコンに侵入しないよう守りましょう。

普段はあえてONに設定されている場合が多いので、ファイルの共有機能の設定をOFFにしておきましょう。
忘れてしまいがちな設定なのですが、ONのままでは他人からハッキングされやすい状況なるので、必ず確認してください。


このコラムをシェアする